ゲームルール

1. 一般的な定義とルール

一般的な定義とルール

ディール
プレイヤーとディーラーへのカードの配布。

ピットボス
ゲームの運営を監督する責任者。

ディーラー
ゲーム操作の責任者。

ディーリングシュー
カードが配られるデバイス。

2. バカラの定義とルール

バカラの定義とルール
1. 定義及び仕様

1.1定義

バカラ
プレイヤーハンドまたはバンカーハンドのいずれかの点数が0。

バンカーハンド
バンカーハンドのレイアウトに指定された部分で勝負を行った手。

プレイヤーハンド
プレイヤーハンドのレイアウトに指定された部分で勝負を行った手。

ナチュラル
最初の2枚のカードで、点数が8または9の手。

タイ
プレイヤーとバンカー両者手札の点数が同じ場合。

ポイントカウント(点数)
「点数」は、0から9までの一桁の数字とし、手札の数値を合計することによって決定される。
手札の合計が2桁の場合、左の桁は値を持たないものとし、右の桁がその手の点数となる。

1.2バカラのテーブルの物理的特性

1.2.1 バカラは標準的な1450x800mmのラウンドカットテーブルで勝負を行い、プレイヤー、タイ、バンカーの3つの賭ける場所がある。

1.2.2 バカラテーブルには、ディスカードラックの設置が必要となる。
テーブルには「ノーピーク」(のぞき見防止)装置が設置されていない。
カードスキャナーは、 「ノーピーク」(覗き見禁止)装置の代わりに使用可能。
複数のバカラテーブルで勝負が行われている場合、バカラテーブルの表面または付属品には、カジノによって割り当てられた識別番号の記載が必要となる。

1.2.3 ディーリングシュー
ディーリングシューは、ゲームの整合性を維持するために設計および構築されている必要がある。

1.3カード

1.3.1 バカラは、8つのデッキで勝負が行われ、各デッキにはジョーカーのない52枚のカードがあり、裏面は同じ色とデザイン、2枚のカッティングカードがある;
カッティングカードの1枚はすべてのデッキの後ろに置かれ、もう1枚はスタックの後ろから7枚のカードを切るものである。
その目的のために特別に設計されたディーリングシューからディールされなければならない。

1.3.2 各デッキにおけるカードの「数値」は、次のとおりとする:
i. 2から9までの全てのカードはそれぞれの額面を持つものとする
ii. 全ての10,ジャック、クイーン又はキングの数値は0となる。
iii. 何れのエースも1の数値を持つ。
この規則の例を以下の通り:
a: Ace、2、および4で構成される手の点数は7。
b: Ace、2、9で構成される手の合計は12だが、12の数字の1は切り捨てるので、点数は2のみとなる。

1.3.3 ゲーム開始前及びゲーム終了時にカードの検査が行われる。

2. 賭け

2.1一般ルール

2.1.1 プレイヤーによる賭けは、プレイヤーの画面上のバカラレイアウトの適切なエリアに置かれる。
プレイヤー、バンカー、タイの各プレイエリアに最大3つの賭けを置く事が可能。

2.1.2 「バンカーズ・ハンド」についての賭けは、次のとおりとする。

i. 「バンカーハンド」の点数が「プレイヤーハンド」の点数よりも多い場合は勝ち
ii. 「バンカーハンド」の点数が「プレイヤーハンド」の点数よりも小さい場合は負け
iii. 「バンカーハンド」と「プレイヤーハンド」の点数が等しい場合は勝ち負け無し

2.1.3 「プレイヤーハンド」についての賭けは、次のとおりとする。
i. 「プレイヤーハンド」の点数が「バンカーハンド」の点数よりも多い場合は勝ち;
ii. 「プレイヤーハンド」の点数が「バンカーハンド」の点数よりも小さい場合は負け;
iii. 「バンカーハンド」と「プレイヤーハンド」の点数が等しい場合は勝ち負けなし。

2.1.3 「タイ・ベット」についての賭けは、次のとおりとする:
i. 「バンカーハンド」と「プレイヤーハンド」の点数が等しい場合は勝ち
ii. 点数が等しくない場合は負け

2.1.5 引き分け後、他のすべての賭けはシステムによって自動的に戻される。

2.1.6 システムのタイマーが賭け時間の終了を示すビープ音を鳴らした後は、賭け金を受け入れたり、増やしたり、キャンセルしたりすることはできない。
この段階で、ゲームを進行するディーラーは「No more bets(これ以上賭けられません)」を告げるものとする。
最初のカードがシューから引かれる前に「No more bets(これ以上賭けられません)」と告げられるものとする。

2.1.7 最後のカードがスキャンされ、ディーラーがラウンドの結果を発表すると、システムは自動的にテーブル上の賭け金を処理する。
システムは、すべての負けた賭け金を回収し、すべての勝利金を支払うものとする。

i. ゲーム画面上には、許容される賭け金の最小値と最大値が表示される。
ii. 各プレイヤーは、自分の賭けを正しく配置する責任を負うものとする。
iii. カードが時間通りに配置されていない場合、最小または最高賭け条件を満たしていない場合、またはゲーミングサーバーとの通信を拒否された場合は、カードが配られる前にシステムによって賭け金が拒否されることがあります。

2.1.8 システムに不具合が発生した際は、支払いや勝負がすべて無効となる。

2.2賭け金の支払い
支払い方法は以下の通り:
i.「プレイヤーハンド」に賭けた勝利金は、1倍のオッズで支払われる。
ii.「バンカーハンド」に賭けた勝利金は、1倍のオッズで、勝利金から5% 「手数料」を引いた額で支払われる。
手数料は、勝利金が支払われる時点で、システムによってプレーヤから自動的に徴収される。
iii. 「タイベット」の勝利金は、8倍のオッズで支払われる。

3. カードの取り扱いと操作

3.1カードの検査および提示

3.1.1 テーブルでカードを受け取った後、ディーラーはカードを分類して検査しなければならない。
ディーラーは、デッキが完全であること、およびカードに欠陥、傷、マーキングがないことを確認する必要がある。

3.1.2 ディーラーとピットボスはカードを表に広げて、すべてのカードがあることを確認を行う。
カードの裏面にマーキングがないことが確認され、カードの価値が識別される。
カードに損傷がないかチェックを行う。
カジノ監視システムは、このプロセスを録画するものとする。

3.1.3 カードを確認した後に、ディーラーまたはピットボスがカードが破損または不適切であると判断した場合、ピットボスがカードを交換を行う。
欠陥デッキには欠陥が記録され、カードストレージに戻される。

3.1.4 バカラ台の上からカードが取り出され、その後、いずれかの台に戻り勝負が行われる場合、ディーラーは上記の方法でカードを再検査し、提示しなければならない。

3.2シャッフルと再シャッフル

3.2.1 カードが目視検査された後、カードはテーブルの上で表を下にして2つの等しい山を形成して積み重ねられ、次に「ウォッシュ」または「チェミーシャッフル」によって十分に混合され、次に2つの等しい山を形成して補充され、「テーブルリフル」はデッキによって一度シャッフルされる。

3.2.2 カードの各スタックが配られた後、ディーラーはランダムに混ざり合うようにカードを再シャッフルしなければならない。
カードの再シャッフルは、カットカードに到達した手の終わりに行わなければならない。

3.2.3 カジノの判断により、ディーラーはいずれかの手の終わりにカードを再シャッフルすることが可能。

3.3カット

3.3.1 シャッフルが終わった後、ディーラーはカードを裏にして積み重ね、自らカードを切る。

3.3.2 ディーラーはカッティングカードをスタックに入れてカードを切らなければならない。

3.3.3 カッティングカードが挿入されたら、ディーラーはカッティングカードの前にあるすべてのカードを取り出し、スタックの後ろに置き、ディーラーは7枚のカードをカットする。

3.3.4 カッティングカードは、スタックの後ろから7枚目のカードへ置くものとする。

3.3.5 それ後カードのスタックは、勝負開始のためにディーリングシューに挿入される。

3.4ディール

3.4.1 ディーラーは、ディーラーの目の前にあるレイアウトの適切なエリアにカードを配らなければならない。

3.4.2 賭け時間が終了すると、ディーラーは「NO MORE BET(もうベット出来ません)と告げ、タイマーが赤く点滅します。

3.4.3 両手は上を向けて配られる。
1枚目と3枚目のカードはプレイヤーハンドを表す。
2枚目と4枚目のカードはバンカーハンドを表す。

3.4.4 もしプレイヤーハンドがバカラのルールに従って3番目のカードを受け取ることになっていれば、ディーラーはプレイヤーハンドにカードを引き、プレイヤーの前のカードに対して垂直に置く。

3.4.5 バンカーハンドがバカラのルールに従って3番目のカードを受け取る権利がある場合、ディーラーはバンカーにカードを引き、それを前のバンカーのカードの上に垂直に置く。

3.5プレイ(勝負)

3.5.1 最初の4枚のカードが配られた後:
i. プレイヤーまたはバンカーのどちらかが 「ナチュラル」 8または9を持っている場合、両方とも例外なく自動的にスタンドとなる。
ii. プレイヤーの合計が6または7の場合、そのプレイヤーはスタンドとなる。
iii. プレイヤーがスタンドの場合、バンカーの合計が5つ以下の場合はヒットする。
iv. プレイヤーの合計が5以下の場合、プレイヤーは自動的にヒットとなり、ディーラーはプレイヤーに第3のカードを与える。
v.プレイヤーが3枚目のカードを受け取った場合、バンカーは次のようにして3枚目のカードを引く:

  • バンカーハンドの合計が0, 1, 2:
  • バンカーは常に3番目のカードを引く。
  • バンカーハンドの合計が3:
    プレイヤーの3枚目のカードが1-2-3-4-5-6-7-9-0 (8以外) の場合、バンカーは引く
  • バンカーの合計が4:
    プレイヤーの3枚目のカードが2-3-4-5-6-7の場合、バンカーは引く
  • バンカーの合計が5
    プレイヤーの3枚目のカードが4-5-6-7の場合、バンカーは引く
  • バンカーの合計が6:
    プレイヤーの3枚目のカードが6-7の場合、バンカーは引く
  • バンカーの合計が7:
    バンカーはスタンド


3.5.2 ハンドの勲等の順序は次のとおり:
i. 点数9
ii. 点数8
iii. 点数7; および
iv. バカラの点数に至るまで

3.5.3 ディーラーは勝者を発表し、結果は同時にプレイヤー側に表示される。

3.5.4 勝負中にカッティングカードが現れた場合、カッティングカードは取り除かれ、カード保持者の横にあるディーラーの右手に置かれる。
3.5.4 ゲームを進行するディーラーは、「シャッフル前の最後の手」を告げます。
この手が終了した後、再シャッフルが行われるまでは、それ以上のカードは配られない。

3.6ピックアップ

3.6.1 ゲームが終了すると、ディーラーはカードを拾ってテーブルのレイアウトを整える。
これは右から左へと順番に重ねられ、質問や論争があった場合に、テーブルに正しい順序で元に戻せるようにするため行われる。

3.6.2 各ディーラーは、どのシフトでも一貫して一方向にしかカードを拾わない。

3.6.3 カードが回収されると、ディーラーはカードを廃棄ラックに入れる。

4.禁止行為

4.1 カジノその他の者は、この規則に定める場合を除くほか、カードを取り除く、追加する、又は変更してはならず、カジノのディーラーその他の従業員は、何人に対してもそのような行為を許可してはならない。

4.2 ディーラーは、カードが配られる前にカードの表面を見たり、人に見せたりできない。

4.3 ディーラーまたはピットボスは、プレイヤーがまだハンドの結果について賭けを保留している間は、ゲーム戦略についてプレイヤーに助言したり、適切なハンドプレーを推奨したりしてはならない。

3. ブラックジャックの定義とルール

1. 定義と仕様

1.1定義

ブラックジャック
プレイヤーまたはディーラーに最初の2枚のカードとして配られたカードが、エースと10点。

ハード・トータルまたはハード・ポイントカウント(点数)・トータル
エースが含まれていない手、またはエースが含まれているが1としてのみカウント可能な合計値。

隠しカード
カードは表を下にしてディーラーに配られ、ディーラー以外のプレイヤーがすべてカードを受け取るまでそのカードの表は下に伏せたまま。

レイアウトまたはテーブルレイアウト
ブラックジャックのテーブルの表面を覆うフェルト、布、またはその他の素材。

ソフト・トータルまたはソフト・ポイントカウント(点数)・トータル
エースの数値が11とカウントされ、1つ以上のエースを持つハンドの合計値。

1.2ブラックジャックテーブルの物理的特性

1.2.1 ブラックジャックは1450 x 800 mmの標準的なラウンドカットのテーブルで勝負が行われ、一方には最大7人までのプレイヤー用の場所、もう一方にはディーラー用の場所が設けられる。

1.2.2 ブラックジャックテーブルには廃棄ラックが必要。
テーブルには 「覗き見禁止」 装置が付属されない。
カードスキャナは、 「覗き見禁止」 デバイスの代わりとして使用可能。
複数のブラックジャック・テーブルが使用されている場合、テーブルの表面またはゲーム・ユーザー・インターフェース内には、カジノによって割り当てられた識別番号、名前、またはコードが必要。

1.2.3 次の注意事項は、テーブルのレイアウト上、又はすべてのプレイヤーにはっきりと見えるテーブルサイネージのいずれかに表示しなければならない。
i. これらの記述の1つは、実質的には次のような形式である: 「ディーラーは16まで引いて17でスタンドしなければならない」
ii. 「ブラックジャックは1.5倍で支払う」 (事実に応じてより高い確率を置き換える); 「インシュランスは.5倍支払う」 (事実に応じてより高いオッズと保険の制限を置き換える) 。

1.3 ゲームのルールは以下の通りでなければならない。
i. テーブルの賭けの最小値と最大値、および必要に応じて、特別な状況でのテーブルの賭けの最小値と最大値。
ii.必要に応じて、ダブルダウンに関する制限。
iii. 必要に応じて、エースのスプリットに関する制限、またはエースをスプリットするために引けるカード数。
iv. 必要に応じて、特別な支払スケジュールまたは支払いオッズ

1.4 ディーリングシューズ
ディーリングシューは、ゲームの整合性を維持するために設計および構築されている必要がある。
シューズや廃棄ラックを取り扱う際は、カードを入れる前に、シューやその他のデバイスが破損していないこと、正常に動作していること、およびゲームの整合性に影響を及ぼす可能性のあるいかなる方法でも侵害されていないことを確認するために、各ゲーム日ごとに点検が必要。

1.5 カード
1組のカードに含まれるカードの数値は次の通り:
i. 2から10のカードは額面通り。
ii. ジャック、クイーン、またはキングの数値は10です。および
iii. エースは、1または11のいずれかの数値を持つことができるが、11の数値がプレイヤーまたはディーラーに21を超えるスコアを与える場合、その数値は1である。
iv.標準的なブラックジャックのデッキには、52枚のカードを4組のスーツ(ハート、ダイヤモンド、クラブ、スペード)に入れ、各スーツは、2から10までの数字カード及びジャック、クイーン、キング及びエースから構成されるものとする。

2.賭け

2.1一般的なルール

2.1.1 ラウンドの勝負で最初のカードが配られる前に、プレイヤーは賭けをしなければならない。
賭けは、以下のイベントが発生した場合、勝利した賭け金として支払われなければならない:
i. プレイヤーのカードの合計値が21以下であり、かつ、ディーラーカードの合計値が21より大きい。
ii. プレイヤーのカードの合計値がディーラーのカードの合計値を超えており、かつ、プレイヤーのカード及びディーラーのカードのいずれの合計値も21を超えていない。または
iii. プレイヤーにはブラックジャックがあり、ディーラーにはない。
iv. プレイヤーが勝ち手を持っていないときは、プレイヤーハンドの数値がディーラーハンドの数値と等しい場合を除き、賭け金は失われる。
ディーラーは、不正の場合を除き、すべての負けた賭け金を回収を行う。

2.1.2 ペアをスプリットする場合、ダブル・ダウンする場合、またはインシュランスベットを行う場合を除き、ラウンドの最初のカードが配られた後は、賭け金を増やしたり減らしたり、引いたりすることはできない。
ブラックジャックでの賭けはすべて、プレイヤーの利用可能な資金からのゲームソフトに従って行われなければならない。

2.1.3システムのタイマーが終了し、賭ける時間が終了したことを示した後は、、システムが賭けを受け入れたり、増やしたり、キャンセルすることは出来ない。

この段階で、ゲームを進行するディーラーは「No More Bets(これ以上賭けられません)」と告げるものとする。
最初のカードがシューから引かれる前に、「No More Bets(これ以上賭けられません)」と告げるものとする。

2.1.4 最後のカードがスキャンされ、ディーラーがラウンドの結果を発表した後、システムは自動的にテーブル上の賭けを管理し、システムは負けた賭け金をすべて回収し、勝利金をすべて支払う。
i. ゲーム画面上には、許容される賭け金の最小値と最大値が表示される。
ii. 各プレイヤーは、自分の賭けを正しく配置する責任を負うものとする。
iii. カードが時間通りに配置されていない場合、最小または最大の賭け条件を満たしていない場合、またはゲーミングサーバーとの通信を拒否された場合、カードが配られる前にシステムによって賭けが拒否されることがある。

2.1.5 システムに不具合が発生すると、支払いや勝負がすべて無効となる。

2.2 プッシュと例外
プレイヤーのカードの合計値がディーラーのカードの合計値と等しい場合、またはディーラーとプレイヤーの両方がブラックジャックを持っている場合、賭けは無効となりプレイヤーに戻される。
ディーラーにブラックジャックがあり、プレイヤーのカードの合計値が21だがブラックジャックでない場合、プレイヤーの賭け金は失われる。
プレイヤーのカードとディーラーのカードの両方の値が21を超えると、プレイヤーの賭け金は失われる。

2.3 賭け金の支払い
i. 勝率は1倍以上で、ブラックジャックは1.5倍以上である。
ii. ディーラーとプレイヤーの両方の手の合計が等しい場合、それはプッシュと言い; 勝ちでも負けでもない。
iii. 合計ハンド数が21を超えると、プレイヤーはバストし賭け金を失う。

2.4 賭け金の取扱い
インシュランスへの賭け、ダブルダウンへの賭け、またはペアをスプリットする賭けがソフトウェアによって確認された後は、プレイヤーは、プレイヤーハンドが定まるまで、賭けを操作、削除、または変更は行えない。

2.5 インシュランスの賭け金

2.5.1 ディーラーに最初に配られたカードがエースであればインシュランスベットをすることができ、プレイヤーはディーラーのホールカードがキング、クイーン、ジャック、または10であれば勝ち、ディーラーのホールカードがエース、2、3、4、5、6、7、8、または9であれば負ける。
インシュランスは、プレイヤーが最初に賭けた金額の半分を賭けることによって行われる。
プレイヤーは、該当するボタンをクリックすることで、保険を拒否したり、受け入れたり出来ない。

2.5.2 インシュランスの賭け金は、ディーラーのカードが開かれた後、各プレイヤーに2枚目のカードが配られた直後、2枚目以降のカードがディーラーに配られる前に置く必要があります。

2.5.3 勝った保険金はすべて0.5倍で支払われなければならない。
すべてのインシュランスの賭け金は、ディーラーがブラックジャックのホールカードをチェックした直後にソフトウェアによって回収されます。

2.6 ダブルダウン
カジノは、プレイヤーに配られた最初の2枚のカード上で、プレイヤーハンドをダブルダウンすること、すなわち、プレイヤーの最初の賭け金額を超えない追加の賭けを行うことを可能にすることができる。
プレイヤーがダブルダウンを選択した手には、1枚のみカ-ドを追加して配らなければならない。

2.7 ペアのスプリット
プレイヤーに配られた最初の2枚のカードの数値が同じである場合、プレイヤーは、2枚目への賭け金をプレイヤーの最初の賭け金と等しくすることによって、別々の2つの手にスプリットすることができる。
プレイヤーがペアをスプリットした場合、ディーラーは2枚目のカードをそれぞれの手に渡さなければならない。
スプリットされたペアに追加のカードが配られた後、プレイヤーはスタンドしたり、引いたりしなければなりません。
プレイヤーは、エースのペアを含むペアを2回以上スプリットしてはならない。
カジノの裁量により、エースをスプリットするプレイヤーは、各エースに配られるカードを1枚だけとすることができる。
エースをスプリットして、プレイヤーが10の値を持つ2枚目のカードを取得した場合、ブラックジャックではなく21としてカウントされます。

3. カードの取り扱いと操作

3.1 カードの検査・提示

3.1.1 テーブルでカードを受け取った後、ディーラーはカードを整列して検査しなければならない。
ディーラーは、デッキが完全であること、およびカードに欠陥、傷、マークがないことを確認する必要があります。

3.1.2 ピットボスはそれぞれのカードを識別できるように、デッキ毎にカードを1枚ずつテーブルの上に表向きに、スーツに従い順番に広げなければならない。
カジノ監視システムは、このプロセスを録画するものとする。

3.1.3 ディーラーは、カードを検査し、提示し、シャッフルし、カードが配られるブラックジャックのテーブルのシューの中に入れなければならない。

3.1.4 カードがブラックジャックテーブル上から取り除かれ、その後いずれかのテーブルに戻り勝負が行われた場合は、ディーラーはいつでも上記の方法でカードを再検査し、提示しなければならない。

3.2 シャッフルと再シャッフル

3.2.1 カードの提示と検査に続いて、ディーラーはカードをテーブルの上で下向きにし、 「ウォッシュ」 または同様の技術を用いてカードを完全にミックスし、シャッフルし、そして積み重ねなければならない。

3.2.2 カードの各スタックが配られた後、ディーラーはランダムに混ざり合うようにカードを再シャッフルしなければならない。
カードの再シャッフルは、カットカードに到達した手の終わりに行わなければならない。

3.2.3 カジノの判断により、ディーラーはいずれかの手の終結後にカードを再シャッフルすることができます。

3.3 カット
カードがシャッフルされた後、ディーラーは自分でカードをカットしなければならない。
i. ブラックジャックのゲームでは、カッティングカードはシューの裏から4デッキ目に入れます。
ii. カッティングカードが挿入されたら、ディーラーはカッティングカードの前にあるすべてのカードを取り出し、スタックの後ろに置く必要があります。

3.4 カードのディール手順
カードは、テーブルの上、ディーラーの左側のにある、その目的のために特別に設計されたディーリングシューからディールすることができる。
ディーラーはカードをシューやデッキから取り出し、レイアウトの適切な場所に置く必要があります。
ラウンドの勝負開始時、ディーラーは、ディーラーの左にいる最初のプレイヤーから始め、それからテーブルの周りを時計回りに続け、カードを次の順序で配らなければならない。
i. 賭けた各プレイヤーへカードを上向きで1枚ずつ;
ii. 1枚のカードを上向きでディーラーに;
iii. 2枚目のカードを、賭けた各プレイヤーに上向きで; そして
iv. 2枚目のカードをディーラーに下向きで。

3.5 プレイ(勝負)
i. 2枚のカードが各プレイヤーとディーラーに配られると、各プレイヤーはダブルダウン、ペアのスプリット、スタンド、ヒット、またはインシュランスの賭けを行うよう促される。
ii. プレイヤーは、割り当てられた時間枠内に、プレイヤーのゲームとのコンピューター・インターフェース上のソフトウェア・コントロールを介して適切なアクションを選び、その意図を示さなければならない。
iii. ディーラーは、プレイヤーのカードカウントがちょうど21でない限り、追加のカードをプレイヤーに渡す前、または次のプレイヤーに進む前に、プレイヤーの意図を示すソフトウェア信号を待つ必要があります。
または21を超えると、ソフトウェアはディーラーに次の勝負に移るように信号を送る。
プレイヤー側からの応答がなく、カジノによってプレイヤーに割り当てられた時間が終了した場合、ディーラーは、当プレイヤーハンドのアクションは無しとし、次のプレイヤーに移動するようにソフトウェアによって示されます。

3.6 ピックアップ
ラウンドの終わりに、レイアウト上のすべてのカードは、必ずディーラーによって右から左に拾われ、質問や論争があった場合にいつでもテーブルに正しい順序で元に戻せます。
各ディーラーは、どのシフトでも一貫して一方向でカードをピックアップしなければならない。
ディーラーは、最初に自分のカードを拾い、最初のディール方向とは逆の順序で、または右から左に、ディーラーのカードが廃棄ラックに置かれたときに廃棄スタックの下部に配置されるように、プレイヤーカードを拾うために使用し自分の手のスタックに追加しなければならない。
回収後、すべてのプレイヤーのカードとディーラーのカードを廃棄ラックに置く必要があります。

3.7 ディーラーのホールカード
ディーラーは、ディーラーのフェースアップカードがエースでない限り、プレイヤーから要求されたすべてのカードがディーラーに配られるまで、ディーラーのホールカードの表面を見たり、見せたりすることはできない。
ディーラーのフェースアップカードがエースである場合、ホールカードがブラックジャックであるかどうかを確認するために、ディーラーが選択した操作の時間が終了した後に、ソフトウェアはプレイヤーにインシュランスを購入する選択肢を提供する。

4. 禁止行為

4.1 カジノその他の者は、この規則に定める場合を除くほか、カードを取り除く、追加する、又は変更してはならず、カジノのディーラーやその他の従業員は、何人に対してもそのような行為を許可してはならない。

4.2 ディーラーは、カードをディールする前に、カードの表面を見たり、人に見せたりしてはならない。

4.3 ディーラーまたはピットボスは、プレイヤーがまだハンドの結果について賭け金を保留している間は、ゲーム戦略についてプレイヤーに助言したり、適切な手のプレーを推奨したりしてはならない。

4.4 プレイヤーとディーラーによる追加カードの描画
i. ハード点数の合計が21未満の場合、プレイヤーは追加のカードを引くことを選択することができる。
ブラックジャックや、ハードまたはソフト点数の合計が21のプレイヤーには、ソフトウェアから追加のカードを提供できません。
ii. ディーラーは、ソフトウェアによって示されたとおり、ディーラーのハードまたはソフト合計が17、18、19、20、または21になるまで、ディーラーハンドに追加のカードを引く必要があります。
iii. ディーラーは、すべてのプレイヤーハンドに決定が下され、ディーラーハンドの点数が結果に影響を及ぼさない場合、点数にかかわらずディーラーハンドに追加のカードを引くことはできません。

4. ルーレットの定義とルール

1. 定義と仕様

b]1.1 定義

ブラックベット
黒のナンバーに置かれた賭け金。

コラムベット
1つの列にある12個の数字すべてに置かれた賭け金。

コーナーベット
角を形成する4つの数字に賭けること。
または次の4つの数字:

  • ゼロ(0)
  • ワン(1)
  • ツー(2)
  • スリー(3)


ダースベット
以下のいずれかに置かれた賭け金: ul]
  • 1から12までの数字
  • 13から24までの数字
  • 25から36までの数字
  • 18


  • ナンバーベット
    以下のいずれかに置かれた賭け金:
    • 1から18までの数字
    • 19から36までの数字


    イーブンベット
    ルーレットウィールの偶数の数字に置かれた賭け金。

    インサイドベット
    ルーレットウィール上の37個の数字に相当するフィールド内の数字に賭けられるもので、以下のものを含む:
    ul]
  • コーナーベット
  • 5ナンバーベット
  • ラインベット
  • ローベット
  • スプリットベット
  • ストレートアップベット
  • ストリートベット
  • シックスラインベット


  • ラインベット
    2つの列に含まれる6つの数字に置かれた賭け。

    オッドベット
    ルーレットウィールの奇数に置かれた賭け。

    アウトサイドベット
    以下のものを含む、37の数字のフィールドの外側に置かれる賭け。
    ul]
  • ブラックベット
  • コラムベット
  • ダースベット
  • 十八番ベット
  • イーブンベット
  • オッドベット
  • レッドベット
  • ロー/ハイベット


  • ピットボス
    ゲームの運営を監督する責任者。

    レッドベット
    赤色の数字の賭け。

    ロウ(列)またはストリートベット
    連続した3つの数字に置かれた賭け。

    スプリットベット
    2つの数字に置かれた賭け。

    ストレートアップベット
    以下に賭けること:
    • 1から36までの単数
    • ゼロ


    ストリートベット
    連続した3つの数字に置かれた賭け。

    1.2 ルーレットテーブルの物理的特性:

    1.2.1 ルーレットは、シングルゼロ・ヨーロピアンルーレットのレイアウトを採用した規格外な2000x950mmの無垢材のテーブルでプレーされます。

    1.2.2 複数のテーブルが使用されている場合、ルーレット用のテーブルには、カジノによって割り当てられた識別番号、コード、または名前が、テーブルの表面またはゲーミングユーザーインターフェースに表示されていなければなりません。

    2. 賭け事

    2.1 一般的なルール

    2.1.1.1 ルーレットの賭けは、ルーレットのレイアウトの適切な場所にゲーミングチップを置いて行うものとします。
    プレイヤーは、ディーラーが「No More Bets(これ以上賭けられません)」と告げるか、システムのタイマーが赤色に点滅するまで賭け続けることができます。

    2.1.2 各プレイヤーは、ルーレットレイアウト上での賭け金(額?) や賭け金を正しく配置する責任を負います。

    2.1.3 各賭け金は、ボールがウィールの区画に落ちた時に、レイアウト上の位置に従って厳密に決済されるものとする。

    2.1.4 賭け金の最小値と最大値は、ゲーム画面に表示される。

    2.1.5 賭けは、賭け金が時間通りに置かれていない、最低/最高賭け条件を満たしていない、またはゲーミングサーバーとの通信に失敗したことを理由に、ボールがスピンされる前にシステムによって拒否されることがある。

    2.1.6 システムの故障は、すべての支払いまたは勝負を無効にします。

    2.2 ペイアウト
    賭け金はシステムにより、以下のオッズで支払われます。

    ベットペイアウトオッズ
    • ストレート35から1
    • スプリット17から1
    • ストリート11から1
    • 4-ナンバー8から1
    • 6- 5番から1
    • コラム2から1
    • ダース2から1
    • 赤1から1
    • 黒1から1
    • 奇数1から1
    • 偶数1から1
    • 低1から1
    • 高1から1
    3. 輪の取り扱いと操作[/b

    3.1 ウィール(or車輪?)とボールの回転

    3.1.1 ルーレットボールは、ディーラーによってウィールの回転とは反対方向にスピンされ、ウィールの軌道を少なくとも 3 回転しなければ有効なスピンとはならない。

    3.1.2 ボールがウィールの周りにある区画に止まった時、ディーラーはその区画の番号を告げるものとする。

    3.1.3 ディーラーがラウンドの結果を告げた後、システムは自動的にテーブル上の賭け金を処理し、負けた賭け金をすべて回収し、勝利金をすべて支払う。

    b]3.2 ルーレットのウィールとボールの検査[/b

    3.2.1 ルーレットウィールを開く前に、ピットボスは、ウィールの適切な操作に影響を与えるような仕掛けがないかどうかを検査するものとする。

    3.2.2.2 勝負のためにウィールを開く前に、ウィールのレベルを確認するものとする。

    3.2.3 ウィールは回転させて、すべての可動部が自由かつ均等に回転していること、およびすべての部品がしっかりと固定されており、良好な作動状態にあることを確認するものとする。

    3.2.4 ボールの滑らかさと丸みを確認するため、物理的に検査が行われる。

    b]3.3 プレイ(勝負)

    3.3.1 ルーレットは、ウィールとレイアウト(テーブル)の2つの部分からなるテーブルで行われる。

    3.3.2 ウィールの周囲には、1から36までと「0」の37個のランダムな番号が付けられた区画に分けられる。
    そのうち18個は赤、18個は黒、"0 "は緑。

    3.3.3.3 レイアウトには賭けのために同じ数字が連続して表示される。
    また、赤と黒、奇数と偶数、その他様々な数字の組み合わせをベットするためのスペースもレイアウトに含まれる。

    3.3.4 プレイヤーは、1つ以上の数字や組み合わせに賭けを行う。
    次にディーラーがウィールを一方向に回転させる。
    ボールが遅くなると、番号のついた区画のいずれかに落ちていき、勝ち番号が表示される。
    カメラはウィール上の当選番号をズームインする。

    3.3.5 賭けの勝利金は、どれだけ確率が高いかによって決まる。
    確率が低いほど、勝利金は高くなる。
    すべての賭けが行われるか支払われた後、新しい賭けが行われ、ボールは再び回転される。